1. 無料アクセス解析

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おひなさま





今年も
お雛様を出す季節になった

ついこの間
しまったばかりなのに
一年経つのが
年々早くなるのを感じる



に連れられて
デパートの展示場に
お雛様を見に行ったことを
覚えている

うちに
お雛様を買う余裕などないことは
とっくに承知していた幼き日のわたし

お雛様
特別欲しかったわけではないけれど
お友達のおうちの
絢爛豪華なお雛様のことを
無邪気に語るわたしの話に

どんな心持ちで
耳を傾けていただろう
そして…
どんな心持ちで
展示場のお雛様を眺める
わたしの顔を覗き見たことだろうか

あるとき
学校から帰ってみると
ありったけのぬいぐるみが
テレビの上にきれいに並べられ
紙箱でつくった雛壇の上には
当時一番の私のお気に入りだった
ペアのモンチッチが置かれていた

「こんなお雛様はどこのおうちにもないじゃろ~?」
と少々自慢げに父が言う傍で
少々申し訳なさそうに
が笑う

遠き幼き日の
お雛様にまつわる
わたしだけの
大切なワンシーン


さて…
このお雛様は
今は亡きが遺してくれた貯えの中から
長女の為に買わせていただいたもの

長女が生後3ヶ月満たない頃に
この世を去った

長女は
にとって
この世で
相見えることが出来た
唯一の孫


ありがとう
母さん…
あなたの愛孫は
嬉しそうに
今年もお雛様を
眺めていますよ

遠き日の
母の温もり思いつつ
愛娘とともに雛を眺める

わが心もまた
嬉しや






↓クリックいただけると喜びます♪ 



ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

| つぶやき | 14:48 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。