1. 無料アクセス解析

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しあわせなこども



運動会
そして
親子遠足


年少の長男にとっては初めての
年長の長女にとっては(幼稚園)最後の
思い出作り

一歳のやんちゃな次男を連れての行事参加は
なにかとハードだったけど

こどもたちの笑顔に
も満足満足^^

行事も一段落して
ホッとひといきのこの頃

ふと思い出すこと



わたしが 幼い頃は
いつも
行事に参加してくれていた

四十六歳でわたしを産んだ

わたしが保育園に通う頃には
五十路を迎えていたから
と言っても
いつもたいがいは
お祖ちゃんに間違われて

わたしはムキになって
「おさんよ!」と
からかう友達に言い返したものだ

三十数年前に
高齢出産したということも
すごいことだが・・・

ひとりっことはいえ
五十路前からの
子育てはさぞ大変だったろうな

そんなことを
今更ながら
わが子を育てていく過程で
思い知らされる

古い写真の中のわたしは
母の愛情 ひとりじめで笑っている

ああ、わたし
しあわせなこどもだったんだなあ!


スポンサーサイト

| つぶやき | 22:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

障子破り

DSC03504(blog)_1.png



こども
夢中になって遊んでいるときは
とても静かだ

しかし
そういうときこそ
危うい…
高い確率で
何かを
仕出かしてくれているものだ

この間も
やってくれましたよ
こどもたち

行ってみたら
見事に
障子紙が引きちぎられ
ままごとのフライパンの中で
炒められていた!

「おお!なんてこと!!!!!?」



かくして
こどもたちにわたしの雷が落ちてから
数日後の日曜日

晴天の空の下
わたしは
まだピリピリと稲妻を光らせながら独り
破られた障子紙を濡らし
下側からゆっくり剥がす作業に
とりかかろうとしていた

それを見かねた主人が
サザエさん家の大掃除ではそんなことしてなかった」
と言ってこどもたちを呼び
「どんどん破れ。そのかわりこれが終わったらもうするなよ!」

こどもたちは
元気にお返事して
父の号令とともに破り始める

とっても楽しそう

そうよね
楽しいよね
障子破り

つい楽しくて
手が止まらないよね・・・

こどもたちを
見ながら
ピリピリ怒ったことを
ちょっぴり後悔…

ああ、なんて了見の狭いわたし

障子
張り替えれば元通りになるんだから
たとえまた破られても
母は黙って
張り替えることにいたしますよ…

そんなヘンテコな誓いをたてつつ
自分のおでこに
デコピンする

ある休日の陽気な午後


そうそう
iphoneお持ちの方!
こんなアプリあるらしいですよ?(笑)






↓あなたのクリックが元気の源です♪ 



ブログランキング・にほんブログ村へ



↓感想つぶやいていただけると嬉しいです♪

| こどもたち | 07:11 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごめんなさい

DSC03008001(blog).png


もうすぐ
3歳の誕生日を迎える長男

春になったら
憧れの幼稚園入園する


おむつはずれもまだまだ
でも
幼稚園は行く気まんまん


母は
入園の手続きに必要な書類を記入
その中に
家庭の教育方針を問う欄が・・・
なんとなく子育てしてきたわたし
大いに悩んだ…

悩んだ末に書いた教育方針
~「ありがとう」と、「ごめんなさい」は素直に言うこと~
(あ、親は出来ていませんけどね・・・苦笑)


…数日後
姉と喧嘩になった
悪いのは
あきらかに長男
しかし
あやまろうとしない


「ちゃんとごめんなさい言えない子は
          幼稚園行けないよ!」と母

「そうよ、ごめんなさい言えないと、
          お友達出来ないよ!」と応戦する姉


それでも
ガンとして
あやまろうとしない





かれこれ数十分後

テテテテテ…と小走り
そして姉の前に仁王立ち

「ごめんなさいっっ!!」


成長したのか
それとも
母姉の脅しに屈しただけなのか
それは定かではないが


あんたなら大丈夫!
と、太鼓判


息子よ
入園決定である(笑)







↓クリックいただけると喜びます♪ 



ブログランキング・にほんブログ村へ



| こどもたち | 18:42 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古鍵



が大好きなお年頃の長男のために
教会中を探し回って古集め

この
特別な時にしか
触らせてあげないわよ
だって
すぐに飽きちゃうでしょう?

こどもの物欲は
キリがないもの(あ、大人もしかり…か)


ジャラジャラ…チャリチャリ

子どもにとって
魅惑的な響きに聴こえるもの
懲りずに
いい音鳴らして遊んでる


といえば…
むかしむかしのそのむかし

とある友達のランドセルの側面に
太い毛糸でくくられた

その友達が歩くたびに
カターンコと揺れる響きに
妙に憧れ
惹かれた
なしっこのわたしだった

そういえば
かぎっこ」って
最近あまり聞かなくなったけど
いなくなったの?

いやいや
大人に都合よく
世の中が進化しただけのこと

誰か
かぎばあさん
呼んできて

待ってるこどもたち
きっといるはず






↓クリックいただけると喜びます♪ 



ブログランキング・にほんブログ村へ



| 古き良きもの | 13:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

となりの・・・



7ヶ月次男のお気に入りは
このデンデン太鼓

トントントン♪
目の前で回してやると
一瞬驚きつつ
みるみる目が輝き
足をバタバタさせてよろこぶ

この表情
どこかで見たことあるぞ?と
ずっと
心に引っかかっていたけれど

思い出した!

それは「となりのトトロ」のワンシーン

バス停で
初めて傘というものを手にした時の
トトロの表情そのものだ!

独身の頃に
あのシーンを見たときは
なんだか
不自然に
わたしの目に映って
逆に
印象に残ったのだった

なるほど
トトロって
純真無垢な頃の
人間そのものなのかもね☆

心に引っかかっていたものが解決して
なんだかスッキリ

ついつい
「とっとろ♪ とっと~ろ♪」
鼻で歌ってしまうわたし

そんなわたしを
ふしぎに見上げる
我が家のトトロ
今日も元気いっぱい





ランキングに参加しています
クリックいただけるとやる気がでます♪ 

ブログランキング・にほんブログ村へ


| こどもたち | 12:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。