FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無用の長物



この教会が建ったのは
昭和18年と聞いている

太平洋戦争の真っ只中である

この教会のある場所の近くには
規模の大きな火薬工場があったので
この街も(空襲で)やられるかもしれないと
B29の襲来に
つねにおびえていたそうだ

だからなのだろう、
この教会には防空壕があるのだ
防空壕といっても
気休め程度のもので
爆弾があられのように降ってくれば
こんなところに隠れても無駄だったはずだ

この防空壕
今は物置状態

戦時中の祖父には
戦争のない日本なんて
きっと”想定外”だったのだろう

どうかこれからもずっと
子供たちの未来でも
爆弾が降ってこない
平和な空が続いていきますように

そう祈らずにはいられない




ランキングに参加しています
応援していただけるととっても嬉しいです 

↓↓↓↓↓↓↓↓



スポンサーサイト

| 教会 | 07:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは☆

うちの祖母の家にも防空壕がありました。
裏山に掘った穴。
今はもう閉じてしまってますが・・・。
子供の頃はその閉じられた穴が不思議でした。
戦争というものを知識でも理解できていなかったから。
でも祖母の防空壕での話を理解できる大人になり、親になった今。
その悲しい穴が使われることのない世界を願わずにはいられません。
戦争が起こることが”想定外”の世界が未来永劫続きますように・・・。

| らぴす☆らずり | 2009/10/08 14:07 | URI | ≫ EDIT

らぴす☆らずり さん

理屈ではない
体験した人にしか分からないものってあると
思うんです

戦争もそのひとつですね

もちろん知りたいとは思いませんが
昔のことだから関係ないのではなく
未来で歴史を繰り返さないために
知って伝えていかなくてはならない役割が
わたしたちにあると思います






| fonwaka | 2009/10/08 23:23 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fonwaka.blog38.fc2.com/tb.php/17-66d2e708

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。